美少女ギャルゲindex
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜 特集

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜




MENU

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

ダウンロード 価格 7,800円


◆ダウンロード販売◆
DMM
対応OS: Windows Windows:Vista/7/8/8.1
配信開始日: 2016/03/25 10:00 〜
ゲームジャンル: 欧州ヒストリカル・ファンタジーADV
原画: さがら梨々
シナリオ: 禾刀郷
ボイス: あり
シリーズ: ----
ブランド: ライアーソフト
ジャンル: 女戦士 巨乳 恋愛 バトル デモ・体験版あり DMM独占販売 ファンタジー

物語は第二次世界大戦末期、フランス北西部沿岸域から始まる。
自由フランス軍所属の青年兵士ロランと親友オリヴィエは、祖国解放のためノルマンディー上陸作戦に参加。
だが払暁の敵拠点急襲降下任務の最中、彼らを乗せた輸送機は激しい対空砲火に晒され、
予定降下地点から遠く離れた都市フェカン郊外の森林への、強行降下を余儀なくされる。

所属部隊とはぐれ夜の森の中を彷徨っていた彼らは、深い霧の中から忽然と現れた騎馬の軍団──
漆黒のドレスを翻す女騎士エドワルダに率いられた、幽鬼の如き様相の中世の騎士たち──により襲撃を受ける。
ロランは咄嗟に親友を庇い、深手を負って意識を失うが──
 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
彼が再び意識を取り戻したのは、静かな森の中の泉の畔。
倒れ伏した彼を介抱していたのは、ひとりの可憐な乙女であった。
深手を負ったはずのロランの傷は、まるで何事も無かったように癒えていた。

あの騎馬の襲撃は夢の中の出来事だったのか──と彼は思ったが、そうではなかった。
彼が目覚めたのは、果てしない霧に包まれた別世界──
この地で繰り返される戦乱、そして流された夥しい流血の血だまりの中にたゆたう、異形世界だった。

そして彼を救った乙女こそ、長い戦火の歴史に囚われた『時の虜囚』、運命の少女ジャンヌであった。
青年が乙女と出逢った時、時計台は永き沈黙を破り、再び時を刻みだす。

時の移ろいと共に転移を繰り返す不可思議なその時計台は、乙女ジャンヌと青年兵士ロランを、
無数の罪苦が横たわる異形世界の旅へと誘うのであった──

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
2016/02/10
 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

作品紹介

──果てなき霧に囲まれた森、清浄なる泉の ほとり 屹立 きつりつ する古びた尖塔
???刻を告げることを忘れたその時計台に、 乙女 ジャンヌ はひとり たたず んでいた
???? 祖国 フランス 解放を願う傷つきし 青年兵士 ロラン は、泉の畔で 彼女 ジャンヌ に命を救われる
????ふたりの 邂逅 であい が、時わだかまる 異形世界 アンヌン に、新たな 物語 とき つむ ぎ出す──

『時計台のジャンヌ 〜Jeanne a la tour d'horloge〜』は、欧州の歴史や騎士物語・妖精譚などの伝承をモチーフとしたファンタジーADVです。
原画家に『英雄伝説 閃の軌跡』のコミカライズを担当した『さがら梨々』氏を迎え、従来のLiar-soft作品とは一線を画した絵柄となっています。

キャラクター

ロラン

“青年兵士”?ロラン CV:永倉仁八

祖国を隣国の侵攻によって失い、祖国解放のために戦う青年兵士。パリ国立大学史学科を目指して学んでいたが、折り悪く第二次世界大戦が勃発。
フランス降伏後、親友であるオリヴィエと共にパリでレジスタンス活動に参加するが、2人はすぐに占領軍当局にマークされ、パリから脱出。
渡英して自由フランス軍に志願する。厳しい特殊部隊訓練をくぐり抜け、先頃フランスSASへと配属されたばかりであった。
作戦行動中、不慮の事態から異界との狭間に迷い込み、黒公女エドワルダ率いるテルールの騎行に遭遇し、混乱の中、異形世界へと完全に迷い込んでしまう。
エドワルダの剣に斬り伏せられ倒れた彼は、しかし泉の畔に立つ時計台に住む少女、ジャンヌに救われる。
行方不明となった親友オリヴィエの行方を探しつつ、また、元の世界へ戻る方法を探すために、ジャンヌと共に異形世界の各地を訪れる。
正義感が強く、裏表がないが、その若さと祖国占領以後の境遇から、一度正しいと思った事に対して頑なになる面もあり、ともすれば独善的な考えに陥りがち。
ジャンヌが泉より召喚した不壊の聖剣デュランダルを手に、数々の戦いをくぐり抜ける中、やがて彼女を守る聖騎士としての力と志に目覚めていく。

乙女ジャンヌ

“乙女”?ジャンヌ CV:あかしゆき

時を忘れた時計台に、いつの頃からか、たったひとりで暮らしている無垢なる乙女。
時計台の泉の畔で傷つき倒れていたロランを介抱し、その命を救った。
どこまでも真っさらな心の持ち主で、争いや戦いを恐れる、心優しき少女。
ロランが現れた直後から再稼働し、頻繁に転移を繰り返すようになった時計台によって、異形世界に浮島のように点在するリジョンを訪れることになる。
彼女は異形世界の住人シルエットたちに聖女と崇められ、救済を求められるが、本人はまるで戸惑うばかりである。
ロランの危機に際し、祈りにより泉から聖剣デュランダルを召喚、彼に授けるが、彼女自身は何故そのようなことができたのかも、全く理解していない。
ある契機により、異形世界の人々の背負った罪障を消滅・浄化する聖女として目覚めていくのだが──

エドワルダ

“黒公女”?エドワルダ CV:御苑生メイ

海を隔てた異国よりこの地へと侵略してきた恐るべきテルールにして、美麗なる黒衣の女騎士。
母国では王位継承者であり、王位継承の証である慈悲の聖剣クルタナを自ら召還して揮うが、彼女の振る舞いは剣の二つ名とは真逆である。
夜な夜な配下のテルールたちを従えて騎行し、自らの愉悦の為だけにシルエットたちを無慈悲に狩り立てるのである。
異界の狭間に迷い込んだロランオリヴィエを襲撃したのも彼女であり、
彼女の剣をその身に受けて生き延びたロランに強い関心を抱き、彼をどこまでもつけ狙う。
占領したリジョンに築いた居城、シャトー・ガイヤールを根城とする。

魔女ジャンヌ

“魔女”?ジャンヌ CV:あかしゆき

“乙女”ジャンヌと似た面差しの鎧姿の女性。大人びた姿は、彼女の姉か近しい縁者の様に見える。
凜々しい戦姿はかつて神の声を聞き祖国を救い、敵の手に落ち処刑された悲劇の英雄ジャンヌ・ダルクそのひとを彷彿とさせるが、
表情は張りつめ、瞳は常に憎悪を宿し、総身に冷たい殺気を纏っている。
彼女は異形世界の住人たちの求める救済の声にはまるで耳を貸さず、ひたすらに侵略者の軍勢を追い求め、彼らとの戦いのみに明け暮れる。
穢れし魔剣ジョワユーズを召喚して自ら揮い、その刃に掛けた敵テルールや、戦いに巻き込まれたシルエットたちを、一切の区別なく消滅させる。
永年の宿敵である黒公女エドワルダを追跡する中で、彼女はロランや”乙女“ジャンヌと邂逅する。

ジル・ド・レ

“血塗れの騎士”?ジル・ド・レ CV:野☆球

敵の返り血に塗れた鎧を纏う騎士。
端正で怜悧な顔をしているが、その肌は蝋の様に青ざめ、瞳は炯々とルビーの様に赤く輝き、吸血鬼的な雰囲気を醸している。
普段は物静かで、いかにも高位貴族然とした洗練された物腰だが、血を見ると狂気に染まる。
“魔女ジャンヌ”を神の如く崇拝してかしずき、彼女の果てなき闘争にどこまでも付き従う。
彼の振るう大剣フランベルジュは、戦に於いて実際に炎を纏い、敵をその魂までも焼き尽くす。
彼の名は、かつてジャンヌ・ダルクと馬首を並べて戦い、
彼女の非業の刑死の後、自領に籠もり錬金術に耽って領民の殺戮に明け暮れた、狂気のフランス元帥のそれと同じであるが──

ミレディ

“謎の貴婦人”?ミレディ CV:奥川久美子

ロラン“乙女”ジャンヌの前に現れた、謎の貴婦人
。自らミレディを名乗ったが、それはデュマ・ペール作『三銃士』に登場する架空の人物の名であり、偽名であることは明白である。
異形世界の理に知悉しているとみられ、また、その口ぶりから、ロランが元いた世界の存在をも把握しているものと思われる。
時にロランと乙女ジャンヌに助言を与え、また時に不可思議な術を操る、神出鬼没かつ神秘的な人物。
普段は黒の尖塔オベリスクに住み、なにやら研究に明け暮れているようである。

ガヌロン

“白の騎士”?ガヌロン CV:??

異形世界の広い領域を支配、君臨するとされる大帝の使者としてロラン達の前に現れた騎士。
霧を飛び越え、リジョンの間を渡る事のできる飛龍を駆る、大帝の忠実なる近衛竜騎兵。
ロランをつけ狙う黒公女エドワルダとの戦いに介入し、彼とジャンヌを大帝の宮殿へと招く。
象牙色の鎧兜を常に身に纏い、顔全体を覆う兜の奥から、くぐもった声音で語りかけてくる。
重厚な刃を持つ宝剣ミュルグレスは、彼が敵と認めた存在の五体と魂を容赦なく打ち砕く。
対等と認めた相手に対しては騎士として丁重に振る舞うが、自らの従者であるオンディーヌや、
大帝の被支配民であるシルエットたちに対しては極めて傲慢で、時に苛烈な仕打ちに及ぶことも辞さない。

オンディーヌ

“水妖”?オンディーヌ CV:和葉

白の騎士に仕える水妖にして“湖の乙女”
宝剣ミュルグレスを召喚し、彼女の主である白の騎士に与え、その力の源泉となる。
献身的に彼女の主に仕えるが、悲しきかな、主である白の騎士は彼女の事をただの道具としか捉えていない。
水妖は人間を愛し、愛されることで、人間に等しい魂を得るという、古くからの伝承があるが、
彼女が主への愛によりそれを得ているとは、到底思われない。

オリヴィエ

“戦友”?オリヴィエ CV:瑠璃之晃

ロランと共に祖国フランスを脱出し、自由フランス軍に加わった青年で、ロランの良き親友である。
ロランと同い年だが、数ヶ月先に生まれていることもあり、何かと兄貴風をふかす。
お調子者で、学校でも部隊でもムードメーカーである。女性に目がなく手が早いのが玉に瑕だが、悪びれる風はない。
ノルマンディー上陸作戦では、ロランと共にフェカン郊外の森へと降下。
霧に包まれた森の中で黒公女エドワルダ

と遭遇。ロランが意識を失ってから後の、彼の行方は定かではない。

ティファーヌ・ラグネル

“占星術師”?ティファーヌ・ラグネル CV:奥川久美子

ブルゴーニュ公の占領下にあるモン・サン=ミシェルに暮らす占星術師。
深い憂いを宿した瞳で運命を見つめる。

メリュジーヌ

“古城の主”?メリュジーヌ CV:杉原茉莉

忘れられた領域、古城リジュニャンに、たった一人で暮らす謎の女性。
どこか人間離れをした雰囲気を纏い、遠く離れたパリにも姿を現す。

マリー=ジョセフ・サンソン

“処刑人”?マリー=ジョセフ・サンソン CV:杉原茉莉

パリで代々処刑人を務めてきた一族サンソン家の末裔。
伝家の処刑剣“正義の剣”を手に、玉座に背きし者たちを処断する女処刑人。

ピエール・コーション

“異端審問官”?ピエール・コーション CV:野☆球

ボーヴェ司教。漆黒の僧衣を身に纏い、覆面で貌を常に覆い隠す。
かつてジャンヌ・ダルクを火刑台へと送った張本人であり、乙女ジャンヌたちを執拗に付け狙う。

ジャック・ド・モレー

“テンプル騎士団総長”?ジャック・ド・モレー

かつてフランス王の陰謀で滅ぼされたテンプル騎士団の最後の総長。
王なき王都パリに君臨し、悪徳と暴力とで都を腐敗の極みに陥れる。

ブルゴーニュ公フィリップ

“善良公”?ブルゴーニュ公フィリップ

フランス内の親英勢力の領袖。
かつて聖女ジャンヌ・ダルクを英国に売り渡した張本人であり、異形世界でも黒公女エドワルダと盟約関係を結び、覇権を狙う。

シャルル

“大帝”?シャルル

かつて欧州全土をその支配下に置いたという伝説の王。
英国勢力やテルールたちに蹂躙された王土の奪還を目指す。


 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

 時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜
時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge〜

◆ダウンロード販売◆
DMM】【時計台のジャンヌ〜Jeanne a la tour d’horloge?〜 特集2016/03/19