美少女ギャルゲindex
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-特集

>
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-




MENU

【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-

対応OS:
対応OS:
Windows Windows:各作品の対応OSに準ずる
原画: 田丸まこと Moo℃団
シナリオ: 永沢壱朗 巽ヒロヲ 関町台風 谷崎文彦 K-TOK そのだまさき 大神キリン
ブランド: ルネ
ジャンル: 女戦士 辱め セット商品 ルネブランド 限定版あり DL版独占販売 ファンタジー
平均評価: レビューを書く
購入前にご確認ください 動作環境はこちら
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。
特別限定版
価格 14,904円
通常版
価格 13,824円
配送画像

【特別限定版】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック
イメージを拡大
ダウンロード 価格 14,904円
クレジットカード決済なら149pt獲得
※価格は全て税込み表示です

◆◇◆「戦乙女ヴァルキリー」アダルトグッズクリーム付きが登場!!◆◇◆

大ヒットPCゲーム「戦乙女ヴァルキリー」の世界から戦乙女たちから搾り取った貴重な「聖液」がいよいよ発売!
一塗りすれば持続力・強度が上昇し満足すること間違いなし!
「戦乙女(女性)を虜にする」「いつもと違う感覚を味わいたい」方はぜひお試しあれ!
「聖液」効果であなたの笑顔が思い浮かびます!

●効果:持続力・強度UP!!
●使用用途:H全般 通常時塗付することで持続力・強度上昇効果あり?!
●使用方法:自身に塗り少し放置後洗い流す。
*そのまま使用する場合はスキンをご使用ください。

(C)ルネGIFT

注:こちらの商品はジョークグッズです。効果は人により異なりますのでご了承ください。

商品サイズ:縦40mm×横60mm×高さ25mm
容量:10g
総重量(パッケージ込):40g


※グッズ付き版の販売期間は、6月28日(金)AM9:59までです。
※数には限りがございますので、お早めにお買い求めください。

※各数量限定版は配送となりますので、お届け先の入力が必要となります。通常版でのお届け先ご入力は不要です。
※配送予定日について
6月18日(火)までにご予約の方は、6月28日(金)頃にお届け予定です。
また、6月18日(火)以降にご予約の方は、7月上旬頃のお届け予定となります。
※流通の状況により、上記のお届け日より発送が遅れる可能性がございます。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…

『戦乙女ヴァルキリー』シリーズが新作を含めたセットになって登場!!!


※ご注意
「戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」」は現在予約中のため、6月28日(金)午前10時よりプレイ可能となります。
その他の収録作品はご購入後、すぐにプレイいただけます。


【収録作品】

◆◇戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」◇◆

神々と魔族が等しく終りを迎える『ラグナロク』――
ある巨人が残した予言は成就し、世界の殆どは滅びを迎えている。
かつて、ミッドガルドと呼ばれていた土地はなく、今は霧が深く荒れ果てた大地に冷たい風が吹くのみ。
そこは「ニヴルヘイム」と呼ばれる土地だった。
荒廃した土地をさまよい歩く黒衣の男。主人公には自分の記憶がなかった。
その男は水を求め、やがて小さな泉にたどり着くものの、そこに住む大蛇に襲われてしまう。
持っていた剣で応戦する男。しかし大蛇は切り伏せたあとから湧き上がり、追い詰められてしまう。

だがそこに光が差し込み、大蛇を打ち払い男の危機を救う。光の方をみると剣を掲げた女神の姿が。
そこにいたの「太陽の戦乙女(ヴァルキリー)」スーリヤだった。

男はスーリヤの顔を見るなり何故か身体が熱くなり、欲望が疼くのを感じていた……。


◆◇戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」◇◆【ソフ倫受理番号:0003969D】

神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。
しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、
魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。
そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。

ついに処刑の日がやってきた――。
手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。
主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々●辱したあげく、魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。
その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。
その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。
アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。
苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。

アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」

そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。
指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。
こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。


◆◇戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」◇◆【ソフ倫受理番号:0003191D】

神々と人間に住む場所を奪われ地底奥深くに追いやられた悪魔達は、何百年もの間『ミッドガルド(地名)』を巡り、戦いを繰り返して来ました。
しかし、度重なるその戦も人間に加勢する戦乙女ヴァルキリーを中心とした神の軍によって阻まれてきました。
そんな状況を見かねた魔王は、真っ向からの戦いを止め天界でも絶対的な信頼とその中枢を担う女神フレイアを捕らえ、秘密裏に洗脳を施し天界内部からの侵略を計ります。
フレイアを利用して、ヴァルキリーの力の源である黄金の指輪を奪うことに成功した魔王は、主人公である魔王軍暗黒騎士団長デュークにヴァルキリー討伐を任せます。
デュークはヴァルキリーを捕らえその処遇を任せられると、神と人間への見せしめとして、人間共の希望であるヴァルキリーをあらゆる手段を使って貶め洗脳(エッチな調教)しはじめます。
日中問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、ヴァルキリーの心は次第に快楽の淵へと堕とされていきます。


◆◇戦乙女ヴァルキリーG?戦乙女の黄昏?◇◆【ソフ倫受理番号:0003970D】

神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。
かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。
そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。

そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。
オーディンが遁走した後のアースガルドお混乱を収めたレイアは、デュークのことが忘れられずに『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。
レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう…。

【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-


ご予約はこちらから さくら、もゆ。-as the Night’s, Reincarnation-

――これは“魔法少女”のための物語だ。

キャラクター

クロ(KURO)

クロ(KURO)?CV:夏和小
【身長】144センチ 【スリーサイズ】B75 W55 H79

主人公、奏大雅の相棒。あるいは家族。
つたないながらも人語を操る特別な黒猫が、孤独だった大雅の友人になるため人化した。
性格は大変な人見知り。大雅以外とは誰とも目を合わせられず、まともに話もできない。
毎晩、眠る前に大雅と電話で話すのが日課。
いつもは素っ気ない態度を取ることが多いが、顔を合わせることのない電話で大雅と話すときだけは、ほんの少し素直になれる。
好物はチョコレート。苦くないものが好き。猫だけど。

「……大丈夫。絶対、ぜったい。君をひとりぼっちになんて、させないよ」

柊ハル(HARU=HIIRAGI)

柊 ハル(HARU=HIIRAGI)?CV:南るお
【身長】157センチ【スリーサイズ】B89 W57 H88

幼馴染み。転校生。元魔法少女の女の子。およそ十数年前の“魔法少女”たちの“戦い”に参加したひとり。
身よりはなく、“戦い”の後は施設暮らしだったが、里親に引き取られ街を離れていた。この春、転校生として街に戻って来る。
本来、人見知りをしてしまう性格なのだが、主人公の前以外ではそんなそぶりはいっさい見せない。
彼女のことを主人公は“ちょっとかわいい意地っ張り”と心の中で呼んでいた。
そんな柊ハルには、どうしても叶えなければならない“夢”があるのだという。
その“夢”を叶えるために、再び、彼女は“魔法少女”に戻りたいと願うのだが……。

「お願いします。どうか私を、魔法少女に戻してください」

杏藤 千和(CHIWA=ANDO)

杏藤 千和(CHIWA=ANDO)?CV:猫村ゆき
【身長】145センチ【スリーサイズ】B73 W51 H76

幼馴染み。主人公のひとつ後輩。この春、主人公たちと同じ学園に入学したばかり。
元魔法少女。およそ十数年前の“戦い”に参加した。現在は街の古いカフェを経営する父親と一緒に暮らしている。
部活には所属しておらず、放課後は父親のお店でウエイトレスとして働く。
いつも主人公に意地悪されては、「先輩、嫌い。大嫌い」と頬を膨らませているが、ずっとずっと昔から主人公のことが大好き。だけど素直になれない。
かわいいものが好き。だが彼女のかわいいと感じるもののセンスは少しばかり変わっている。
小さな身体がコンプレックス。

「もっと私にもやさしくしてください。じゃないと嫌です。私はずっと先輩のことが大嫌いなままです」

夜月 姫織(HIORI=YORUTSUKI)

夜月 姫織(HIORI=YORUTSUKI)?CV:要しおり
【身長】152センチ【スリーサイズ】B82 W53 H79

同級生。幼馴染み。元魔法少女。十数年前の“戦い”で人類の未来を救ったひとり。
街の一番大きな神社で巫女をしている。
食いしん坊。パフェは飲み物とはばからないくらいの超早食いでもある。美味しいものなら何でも食べる。
お腹の中に腹ぺこな怪獣を飼っていて(※本人談)主人公のお昼やおやつを狙い、いつも目を光らせている。
お腹が空くとなぜか方向音痴になり、よく迷子になっていたりする。
甘えたがりで、さみしがり。少し毒舌。

「今日の放課後はね、みんなで買い食いしながら帰るのがお約束だったかも?」

冬月 十夜(TOYA=FUYUTSUKI)

冬月 十夜(TOYA=FUYUTSUKI)?CV:双葉まりか
【身長】126センチ【スリーサイズ】B60 W48 H67

人型に変身できる特別な子猫。
街の片隅に佇む不思議な雑貨屋、“ゆめのねどこ”に姉と共に住んでいる。お勉強が苦手。特に算数。
さみしがりで人見知り。
だけど主人公が遊びに来てくれるのをいつも楽しみに待っている。
内向的な性格だが主人公に対してだけは少し生意気で、お菓子を見せればどこへでもついて行きそうな危なっかしさもある。

「大雅が一緒なら……だったら、いいよ。ひとりじゃないなら、ふたりなら、今夜も見回り……行けるかも」

陽向井 あさひ(ASAHI=HIMUKAI)

陽向井 あさひ(ASAHI=HIMUKAI)?CV:桃山いおん
【身長】162センチ【スリーサイズ】B90 W58 H89

人型に変身できる特別な猫。
十夜の姉。性格は冷静沈着。男っぽいしゃべり方をする。料理が上手い。
小説や映画、絵画など、人間世界の文化に触れることを好み、特にオタク向け作品を大変興味深く思っている。
自称“夜の魔法使い”――若干程度、中二病。
主人公の大雅にとある“役割”を手渡した。

「今日からここで四人一緒に暮らしていくんだ。そんな生活の中で、いつか君の声が聞けるのを楽しみにしてるよ」

ナナ(NANA)

ナナ(NANA)?CV:白雪碧
【身長】112センチ【スリーサイズ】B72 W49 H77

主人公たちの暮らす参禅町、その“夜”に住む“誰か”。
あるいは列車の精霊。あるいは、神さま。
一見、無口無表情だが、一度心を開いた者には意外なほどよくしゃべる。
家代わりにしている古いSLから外へは出ることができず、時おり主人公は彼女の話し相手になりに会いに出かける。
カップ麺を異様に好む。

「抱きしめられるのも頬ずりされるのも……乱暴に振り回されてもみくちゃにされるのも、もう、たくさん。泣きたくなる」

兎蛙 智仁(TOMOHITO=TOA)

兎蛙 智仁(TOMOHITO=TOA)?CV:井伊筋肉
【身長】181センチ

主人公、奏大雅の親友。
のんびりとした性格で誰にでもやさしい。しかしいざというとき頼りになる。
音楽好き。将来の夢は音楽そのものになること。
イケメン。とにかくモテる。しかも無自覚。
いつもお菓子をポケットにたくさん忍ばせていて、食いしん坊な姫織にねだられるまま渡し、食べさせている。
ひどい面倒くさがりで、いつも学校をさぼることばかり考えている。

「もう一度言うぞ? 困ったことあったら言えよ大雅。なんでもな。遠慮するなよ。無理もダメだ」

兎蛙 あず咲(AZUSA=TOA)

兎蛙 あず咲(AZUSA=TOA)?CV:花宮すずね
【身長】152センチ【スリーサイズ】B87 W52 H84

智仁の姉。
元魔法少女。
弟の智仁とは真逆で内向的。いつもおどおどしている。
主人公たちとは違う、遠い学園に通っているため、あまり出会うことはない。
けれど時どき弟の様子を見にバスに乗って帰ってくる。

「わー、すごい偶然ですね。まさか最後に大雅くんに会えるなんて。とっても驚いてしまいました」

奏 大雅(TAIGA=KANADE)

奏 大雅(TAIGA=KANADE)
【身長】172センチ

主人公。
少年の身でありながら、十数年前の“少女たちの戦い”に参加した。
天涯孤独の身。しかし友人には恵まれている。今は笑顔でいることが多い。
かつて魔法少女を名乗る女の子にその命を救われた経験を持つ。
今度は自分が少女たちを助けたいと願っている。

「……俺たちの“魔法”は、誰にも負けない“想像力”だ」

2019/03/29 00:00 〜 配信開始 ダウンロード 通常価格 6,800円 キャンペーン価格 6,120円


【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
ダウンロード 価格 7,776円
ご予約はこちらから


【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック-
製品情報
対応OS Windows Windows:7/8/8.1/10
動作環境 ■CPU
必須:Intel Core2Duo以上 及び同等性能の互換CPU
推奨:Intel Corei3以上 及び同等性能の互換CPU
■メモリ
必須:1GB以上
推奨:2GB以上
■HDD
8.0GB以上
■DirectX
9.0c以降必須(同梱)
■解像度
必須:1280×720以上、ハイカラー以上
推奨:1920×1080以上、フルカラー
フルスクリーン/ウィンドウの切り替え可
■グラフィック
必須:ビデオメモリ64MB以上搭載したグラフィックカード
推奨:ビデオメモリ256MB以上搭載したATI社RADEONシリーズ並びにNVIDIA社GeForceシリーズの
AGP/PCI-Eグラフィックカード
※ハードウェアとデバイスドライバがDirectX9.0c以降に対応している必要があります。
■サウンド
必須:DirectSound

シリーズ4タイトルがセットになって登場!

戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」

【NEW】戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」

神々と魔族が等しく終りを迎える『ラグナロク』――
ある巨人が残した予言は成就し、世界の殆どは滅びを迎えている。
かつて、ミッドガルドと呼ばれていた土地はなく、今は霧が深く荒れ果てた大地に冷たい風が吹くのみ。
そこは「ニヴルヘイム」と呼ばれる土地だった。
荒廃した土地をさまよい歩く黒衣の男。主人公には自分の記憶がなかった。
その男は水を求め、やがて小さな泉にたどり着くものの、そこに住む大蛇に襲われてしまう。
持っていた剣で応戦する男。しかし大蛇は切り伏せたあとから湧き上がり、追い詰められてしまう。

だがそこに光が差し込み、大蛇を打ち払い男の危機を救う。光の方をみると剣を掲げた女神の姿が。
そこにいたの「太陽の戦乙女(ヴァルキリー)」スーリヤだった。

男はスーリヤの顔を見るなり何故か身体が熱くなり、欲望が疼くのを感じていた……。

戦乙女ヴァルキリー3「貴方のような男には絶対に屈しません……!」 詳細ページへ

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」

神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。
しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、
魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。
そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。

ついに処刑の日がやってきた――。
手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。
主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々●辱したあげく、魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。
その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。
その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。
アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。
苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。

アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」

そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。
指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。
こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」 詳細ページへ

戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」

戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」

神々と人間に住む場所を奪われ地底奥深くに追いやられた悪魔達は、何百年もの間『ミッドガルド(地名)』を巡り、
戦いを繰り返して来ました。
しかし、度重なるその戦も人間に加勢する戦乙女ヴァルキリーを中心とした神の軍によって阻まれてきました。
そんな状況を見かねた魔王は、真っ向からの戦いを止め天界でも絶対的な信頼とその中枢を担う女神フレイアを
捕らえ、秘密裏に洗脳を施し天界内部からの侵略を計ります。
フレイアを利用して、ヴァルキリーの力の源である黄金の指輪を奪うことに成功した魔王は、主人公である
魔王軍暗黒騎士団長デュークにヴァルキリー討伐を任せます。
デュークはヴァルキリーを捕らえその処遇を任せられると、神と人間への見せしめとして、人間共の希望である
ヴァルキリーをあらゆる手段を使って貶め洗脳(エッチな調教)しはじめます。
日中問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、ヴァルキリーの心は次第に快楽の淵へと堕とされていきます。

戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」 詳細ページへ

戦乙女ヴァルキリーG?戦乙女の黄昏?

戦乙女ヴァルキリーG?戦乙女の黄昏?

神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。
かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、
ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。
そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、
夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。

そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。
オーディンが遁走した後のアースガルドお混乱を収めたレイアは、デュークのことが忘れられずに『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。
レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう…。

戦乙女ヴァルキリーG?戦乙女の黄昏? 詳細ページへ ◆ダウンロード販売◆
DMM】【 【特別限定版あり】戦乙女ヴァルキリー3 豪華プレミアムパック- 特集】 / 2019/05/24